フード担当が選ぶレシピランキング!(2019年11月~12月)

TOP > 介護食とカラダのコラム&レシピ > フード担当が選ぶレシピランキング!(2019年11月~12月)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様、こんにちは!


「ごはんde笑顔」を閲覧してくださり、本当にありがとうございます!




いつも見て下さる方には、過去170以上ある「ごはんde笑顔」掲載レシピの中から選んだレシピをもう1度ご紹介させて頂きたく、また初めて見て下さった方には、より多くのレシピをご紹介し、少しでも皆様のお役に立ちたいと思っております。


そこで!


今月から3か月に1回、ちょうど1年前の今頃に掲載されたレシピの中からフード担当8名が選んだレシピのランキングをご紹介することになりました!


今回は、アップされたレシピ数が少ない2019年10月をのぞいた2019年11月~12月掲載レシピの中から各フード担当が3品選びました。


対象レシピが10レシピだったため、同率1位と同率2位という結果になったので、この4レシピをご紹介したいと思います!!




それでは早速、ランキングをみてみましょう!




1位 さといも明太クリームチーズ和え






レシピはコチラ


【コメント】

◎ネット検索も出来る3世代世帯にとって、子供も高齢者も同じ調理でいけるのは便利。
 乳製品の確保も出来て、素晴らしい!

◎味が想像でき、簡単で作りやすい!

◎オシャレで味付けもシンプルで作りやすそう!






このレシピは実際に作ってみて、本当に簡単でしかも食べごたえ十分なので、是非お試し頂きたい一品です♫

写真では乾燥パセリをのせていますが、青のりを混ぜ込むとまた違った味わいになり美味しく召し上がれます☆





そして同率1位がこちら。



1位 ピーマンとツナの塩昆布和え






レシピはコチラ



【コメント】

◎生のピーマンのシャキシャキ感がとてもよく、和えるだけなので1品足りない時に簡単に作れる!

簡単ですぐできておいしいです(^^♪

◎お弁当にもおつまみにも向いていて、手軽なのが良い!







このレシピは、生のピーマンを使うのがポイントです!

生のピーマンに含まれる栄養素を逃すことなく食べて欲しい、ピーマンの食感を活かしたいという想いで作りました。

より生ピーマンを美味しく召し上がっていただくために、切り方の工夫しました。

繊維に沿って縦に細くカットするということです。

繊維と垂直に切ると細胞が壊れ、ピーマン特有の青みのある香りが強くなり、繊維に沿って切ればその香りも抑えることができるので、生でも食べやすくなります。

そしてより細く切ることで、歯ざわりがよくなり硬い皮も気にならずシャキシャキの食感を楽しむことができます!

ツナと昆布のダブル旨味食材と和えた生ピーマンを是非お試しください☆





続いて2位はこちら!




2位 人参の包みハンバーグ






レシピはコチラ



【コメント】

クリスマスなどイベントの時に簡単に作れて彩もよくておいしい小さい子供でも食べやすかった。

◎手に入りやすい食材で簡単なのに、特別感が出る

◎彩りがとても良く、食欲が沸く!







このレシピは、切る食材も少なく混ぜて巻いて電子レンジで加熱するので、ご家族一緒に作れることができる内容にしました。

このまま召し上がっても美味しいのですが、クリームシチューやブラウンシチューのルウとも相性が良いで、一緒に煮込んだりルウをかけるのもオススメです☆

その分味が濃くなるので、パンやゴハンと一緒に召し上がると更にゴハンが進みます!




最後に同率2位はこちら!



2位 蓮根と梅のとろとろスープ






レシピはコチラ



【コメント】

摂食嚥下の困難な方にも、自然なトロミで安心。
 しかも梅の酸味で、唾液の分泌アップ!嚥下も免疫力も向上!

◎身体にも良く、簡単なのに味わいがある!

◎蓮根をすりおろすことで自然なとろみがついて、飲みやすく梅の味付けなのでさっぱりと召し上がれる!








このレシピは、すりおろした蓮根の甘味と梅の酸味のバランスが良く、蓮根のとろみで冷めにくいので身体を温めたいこの時期には特にオススメです!

そして忘れてはいけないのが、かまぼこの存在です。

汁物に練り物であるかまぼこを入れることで、旨味が何十倍もアップして、奥行きのある味になります。

是非、お試しください!




この他にも、是非作ってみて頂きたいレシピは沢山あります!

お時間あるときに、覗いてみてください♪



2019年11月のレシピ一覧


2019年12月のレシピ一覧









  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加